ゲルマニウムとは

ゲルマニウム温浴2ゲルマニウムとは、カルシウムやマグネシウムと同じミネラルに分類されます。難病を治す奇跡の泉として世界中から注目を集めた、ヨーロッパのピレネー山脈の麓に湧き出る「ルルドの泉」の水質を調べてみたところ「有機ゲルマニウム」が豊富に含まれていることがわかったようです。

ゲルマニウムは32℃以上に温められると、マイナスの電子を放出し、ゲルマニウムから放出された無数のマイナス電子は、こりや痛みのあるプラス電子の多い部分に到達して電気的に中和をおこし生体電流を調整してくれます。また、ゲルマニウムには体内の酸素を著しく増大させる性質と老廃物などの有毒な毒素を排出する働き(デトックス効果)も持っており、大量発汗により老廃物が排出される事で血液がサラサラ状態になるといわれています。これにより新陳代謝が活性化し、肌のハリや潤いを保ち全身の筋肉の衰えを防ぐともいわれており、人間が本来持っている健康を維持する自然治癒力を補うことができるようです。
posted by ゲルマ at 10:43 | ゲルマニウム温浴について

酸素不足の現代人

ゲルマニウム温浴1
有機ゲルマニウムには『体内に大量の酸素を作り出す』という優れた性質があります。人間が生きていく上で最も重要な役割を果たしているのはやはり、「酸素」です。体内の酸素量が不足すると抵抗力が低下し、組織全体の代謝のリズムが狂ってしまいます。また、酸素が欠乏すると血液に老廃物や疲労物質がたまり、血はにごり、酸性に傾いてしまいます。このような状態が続くと、「万病」の原因となります。

健康な体を維持するには個々の細胞にきれいな酸素を十分に供給することが必要で、私たち現代人は、しだいに酸素不足の方向に向かっているといわれていて、その原因としては、次のようなものがあげられます。

▼現代人の酸素不足の原因
1.食生活の変化により、肉食が中心となり、インスタント加工食品を多く摂取するため血液が酸性化する。
2.ストレスの蓄積により、ホルモンの分泌のバランスが狂い、体が酸性化する。
3.運動不足のため酸素供給力が弱まってしまう。
posted by ゲルマ at 23:45 | ゲルマニウム温浴について

ゲルマニウムと奇跡の泉「ルルド」

難病を治すという奇跡の泉「ルルド」。このルルドの泉とゲルマニウムを切り離して考えることはできません。

「1858年、フランス南西部の小さな村に住むベルナデット・スビルーという貧しい少女が、村を流れるガーブ河の脇にある洞窟で聖母マリアとおぼしき女性の姿を目撃しました。そして、このベルナデットが聖母のお告げにしたがって地面を掘ったところ泉がわきだし、その水を飲んだ人の病気が次々と治るという奇跡が起こりました。

1903年にフランスのノーベル生理医学賞受賞のアレキシカレル博士が、その真実性を調査して、「ルルドが与える治癒は、今までしられている他のいかなる治癒方法よりも比較にならないという著書に紹介して、世界中に知られるようになり百科事典にまで載っています。実際にローマ法王庁に奇跡として認定されています。

現在は泉を枯渇させない為に、ローマ法王庁の許可制となり、順番を待って手にいれる為には3年ほどの年月が必要とされています。

多年の研究の結果、この奇跡の秘密はルルドの泉が多量に含有するゲルマニウムにあるということがわかりました。また青森の「山吹のおみず」「富山の穴の谷の霊水」はじめ日本各地の霊泉といわれる水にゲルマニウムの含有量が多いことが知られています。
posted by ゲルマ at 17:56 | ゲルマニウム温浴について

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。